若手で活躍できる環境が魅力で、就職を決意

新卒で大勝建設に入社して4年目になります。
高校は工業系だったのですが、親が建築系の仕事に就いていたこともあり自分の将来の選択肢として自然に建築系の進路を選択し、建築系の専門学校に進みました。
就職活動では、説明会などは結構な数の企業を見ていたのですが、実際に選考過程を進めたのは大勝建設だけでしたね。一番最初に内定を出して頂けた、という点もあったのですが、私個人が結局は自分次第かな、と考えていた面があったのと、比較的若い段階から現場を任せて頂けるチャンスが多い、というのも大勝建設への就職を決めたポイントでした。
入社してから、5~6件の現場を回らせて頂いていて、今は様々な現場で現場責任者の補助をしながら経験を積んでいる最中です。現場一つ一つで注意すべきこと、考えなければならないことが全く異なるので毎回が新しい経験で、それこそ毎回新しい仕事を覚えていかなければならない状態ですが、色々な現場を見ることで、少し自分自身の視野が広くなったようには思っています。もちろん、先輩・上司の皆さんとはまだまだ大きな差はありますが(笑)





仕事の幅が増え、視点が変わることで成長を実感できる

最近では、掘削作業など、全体の工程の中の一つの工種、工程を任せて頂き、職人のみなさんとの折衝や進行管理などをすることも多くなってきました。
まだまだ経験不足ですので、経験豊富な職人の皆さんに指示を出す、というのも難しいですが、できる限り職人のみなさんとの円滑なコミュニケーションをとることで、教えて頂くべきことは教えて頂きながら、作業完了までしっかりと管理できるよう心がけています。
そういった職人の方とのやり取りや、現場責任者への細かい報告・連絡・相談をしっかりと心がけながら、現場で様々な経験を積み、自分が管理できる工種・工程を少しずつ増やしていき、一つの現場全体を見れるようになりたいと思っています。

大勝建設は、会社行事も多く上の方からも、親しみやすくコミュニケーションをとってきて頂ける環境が整っていて、非常に働きやすい会社です。経験が全ての業界ですので、まだまだ大変なことだらけですが、自分がやりたい仕事に対しては前向きに取り組ませて頂ける社風だと思いますので、建築業界を心がけている方には一度選考に参加してみてほしいですね。

Daisyo’s People

大勝の人